どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

桃ちゃん(素体)の仮組みが出来ました。

御模道【ATKガール 07《四聖獣–朱雀》桃鸢】

まずは姉たちとの対面から。

頭部以外は他の3人とほぼ同じなので、表情とある程度の可動範囲が分かる画像をupして行くだけの日記になります。

それでは早速素立ち画像から行きます。

〈ターンテーブル〉

タイタンのエバちゃんとまでは行かずとも、この通常顔は結構カワイイと思います♡

3パターンある表情のアップです。

次は泣き顔を使った画像をupして行きます。

〈ターンテーブル〉

この表情は正直微妙ですね。

過去にも何度か書いてると思うんですが、この朱雀に限らず個人的に武装系美少女プラモデルに泣き顔はいらないと思っているので、最終的には一旦消してデカールで別表情に変えたいですね。

下半身の可動はご覧の通りです。

3パターン目は微笑みですね。

〈ターンテーブル〉

ディスプレイベースを椅子として使ってみました。

この表情もなかなかカワイイですよ(*´ω`*)

ディスプレイベースのゲートが処理しにくい場所にあるのと、デカいという事はいつも通りなので、デザインナイフで何度も切り込みを入れながらカットしてあります。

素体に関しては他の四聖獣たちとほとんど同じなので、特に詳しく書きませんが、精度的にちょっと質が悪くなったような氣がしますね。

特にアラクネやセルケトと共通の古いランナーはそろそろガタが来てるような感じがします。

四聖獣シリーズはこれが最後なので、このランナーを新作に使う事はもう無いと思いますけどね。

そんな感じで、ピンバイスやヤスリで少し手を加えてやる必要があったので、素体を組むのに1時間20分と、いつもよりちょっと時間がかかってしまいました。

御模道の武装は使い回しが無い新規造形ばかりなので、ここから先はいつも通り氣持ち良く組んで行けると思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ

御模道【ATKガール 07《四聖獣–朱雀》桃鸢】①