どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

ロービジスティレットが組めました。

【フレームアームズ・ガール《スティレット XF-3》Low Visibility Ver.】

まずはノーマルのスティレット XF-3とのファーストコンタクトから。

とは言ってもただ単にカラーリングを変えただけの同一人物ですよねこれ(^^;

ここからまたグルっと見て行きますが、今回は最初から軽く武器を持たせてます。

〈ターンテーブル〉

やっぱスティレットいいッスねー!
めっちゃカッコ可愛いです(๑˃̵ᴗ˂̵)

個人的にはノーマルカラーよりこっちの方が好みですね♡

この右手に持たせてるガトリングなんですが、前腕の3ミリ穴に差して固定する事が出来るので、プラプラするような事もなくしっかりと保持してくれます。

3パターンある表情を見比べるとこんな感じ。

カラーリング以外はノーマルカラーと全く同じです。

次は背中にブースターと肩にドローンを装備して、ライフルを持たせています。
全ての武器を装備させてる訳ではありませんが、一応これがフル装備って事になりますね。

〈ターンテーブル〉

フル装備状態もとてもカッコ可愛いです(๑˃̵ᴗ˂̵)

ただ、この状態だと背中のブースターと肩のドローンがあちこち干渉して非常に動かしにくいので、僕は最初の画像みたいな軽装状態の方が好きですね。

ライフルもガトリングと同じく、前腕の3ミリ穴に差して固定できるようになってます。

片ヒザ姿勢はこんな感じです。

スカートが干渉するので太ももはほとんど上がりませんが、可動自体は優秀です。

このキットにはガトリングガンがもう1挺付属するんですが、それを持たせるとこんな感じ。

これはグリップが細くて握らせる事は出来ないし、補助的な何かがある訳でもないので、画像みたいに腕の上に乗せた状態で構えさせるしか無いですね。

僕は初期のスティレットを持ってないんですけど、ランナーを見る限りこの小さい方のガトリングは初期スティレットに付属していた武器なんでしょうね。

初期のFAガールにはよくある事ですが、しっかりと握らせるにはグリップをかなり太くする必要があります。

あと、ノーマルカラーのXF-3では気になる程じゃ無かったんですけど、割とあちこちバラバラになります💧
ポージングするのにあちこち外れまくるので、なかなか大変でした(;´д`)

個体差もあるとは思いますが、色を変えただけのバリエーションキットにはよくある事ですね。

これは素人の疑問なんですけど、金型ってそんなすぐに精度が落ちるもんなんですかね?

組んでいる時に気になったところとしては、まずこちら↓

ブラックとちゃうし(-_-)/
完全にグレーですね(^^;

それと説明書にも注意書きがありますが、下画像のパーツはゲートと一緒に切ってしまう確率がかなり高いと思うので注意して下さい。

とりあえず今日のところはここまでですが、このキット最大の特徴であるヘッドギア無し状態の紹介がまだ出来てないので、次回はそちらの紹介をしたいと思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ

【フレームアームズ・ガール《スティレット XF-3》Low Visibility Ver.】①