どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はちょっと真面目な日記を書きます。

というのも、京アニのあの事件から今日(これを書いてるのは7月18日です)で丸2年が経ちました。

戦争以外で人が人を殺した事件としては世界中を対象としても歴史的にそれほど例が無いような事件だというのに、その後世間ではまるでそんな事件は無かったかのように、ただの風邪で狂ったように大騒ぎ。

ただの風邪で狂ったように大騒ぎ。

SNSなんかではこの話題をする事そのものがまるでタブーかのような空気です。

あからさまに公安(国)がこの事件の証拠を消す為に動いたり、あれだけの事をやった実行犯が未だにメシ食って生きている上、国に手厚く保護されていたりと、どう考えても理不尽で納得できない事だらけだというのに、たったの2年でもう何も無かったようにくだらない風邪騒ぎに皆んなが夢中になってるという現実。

これは中二病とかそういうものじゃなくて、至って真面目な話なんですが、この世界って何かが絶対的におかしいって感覚になる時ってないですか?

価値観が違うとかそういう次元の違和感じゃなくて、この世界そのものの「正しさ」という概念の基準自体が自分のそれとはかけ離れているというか、上手く伝える事が出来ないんですけど、とにかく周りの全ての感覚がズレてるような感じです。

マトリックスを観た人には解るかも知れないんですが、ちょうどあんな感覚ですかね。
自分以外のほとんどのニンゲンが、何者かの都合によって作られたプログラムみたいな感じです。

それらによって自分の正しさという感覚を強制的に書き換えられてるような感じと言うか、とにかく「ここは自分がいるべき世界じゃない」って感覚です。

根本的に何かがおかしい。

そんな感覚です。

虐待。親が子を殺す。人身売買。上級国民だとかいう死に損ないの老人が親子を殺す。人が人を虐める。人格を完全否定する同調圧力という暴力。人権の侵害…
そういうものがごく当たり前のように存在する世界。
そしてそれらを行う外道に対する扱い。

にも関わらず命は全て同じ重さがあるなどとイカれた事を真顔で言うような偽善者ども。

一部の狂ったニンゲンが好き放題に動かす世界。

その一部の狂ったニンゲンの思い通りにシステムに組み込まれ、それをおかしいと思いもせず死ぬまで養分とされるその他大勢。

そういうものに対しては一切声を上げず、シートベルト、タバコ、マスク…その他もろもろの細かい事には過敏に必要以上に反応するヤツら。
警察組織も含めてこいつらはマトリックスで言うとエージェント役ってところですかね。

それが本当に必要かどうか考えもせずに、上級国民が決めた都合の良いルールに従うのが当たり前と考える思考停止の奴隷ども。

自分が思う重要視しなければならない大事な事と、世間のニンゲンが重要視する事とのギャップがあり過ぎるんですよ。

そういう世界に僕はとてつもない違和感を感じるんです。

この感覚は俺が狂っているのか、それとも世界が狂っているのか。

一時期はどこぞの元大統領が、この狂った世界を正しい方向へ修正してくれると信じた時期もありましたが、結局はとんだ役立たずの嘘つき野郎でしたしね。

とにかく僕はこの世界の異常さ、ニンゲンという動物の狂気に対して、とてつもない恐ろしさと、消滅させたくなる程の怒りを感じるんですよ。

コイツらに関わってはいけないと。

だから世間とは出来る限り関わらないようにひっそりと生きているし、心のバランスを保つ為に好きな事をやりまくってはいますが、もし自分に火の粉が降りかかった場合、果たして僕はこの怒りや憤りを抑える事ができるのか…
そうなった時自分はどういう行動を起こすのか…
最近よくそういう事を考えるんですよね。

今まで僕は夢というものをほとんど見た事がなかったんですが、なぜか最近よく夢を見るようになりました。

もしこの世界というものが悪夢なら、早く醒めて欲しいものです。

もしも世界を救う救世主が現れるとしたらそれは間違いなくオタクと呼ばれる人種でしょう。

この狂ったおかしな世界で成功するようなヤツはこの狂った世界に適応した狂ったヤツらという事。

「長い物には巻かれろ」

上にいる狂ったクソどもに巻かれないと成功なんて絶対に出来ないような仕組みになってるんですよ。
表に堂々と出ている影響力がある人物なんかもそう。
そんな奴らが正しい事をしてこの狂った世界を変えようと考える訳が無い。

仮にそういう中に世の中を変えたいと考える人物がいたとしても、小汚いカネという紙切れで魂ごと買われるか、何らかの妨害を受けておしまいですよ。

もし変えれられるとしたらそれはこの世界に適応出来ない”落ちこぼれ”と呼ばれるような少数のハミ出し者。
つまりはしっかりとしたアイデンティティとまともな精神を持ったヤツですよ。

だから若い子たちに言いたいんですが、この世界に適合しないからといって自分がおかしいと思わないで欲しい。
こんな狂った世界に順応できないキミらが正常なんです。

僕もそっち側の人種なんですが気付くのが遅すぎた。その代わり半世紀近く生きて来て分かった事もあります。

それはオタクと呼ばれる人種にそういう奴が多いという事です。

昔から僕はハミ出し者でしたが、若い頃はオタクという世界とは全く正反対の方面でのハミ出し者でした。
そんな奴がオタクの世界に魅力を感じたのにはそういう訳もあるんですよね。

組織というものに居心地の良さを感じるヤツらや群れるヤツらは所詮”その他大勢”ですよ。

ちなみに”群れる”と”イザという時に団結する”は全くの別物ですからね。

青いクスリと赤いクスリ・・・当然僕は何の躊躇もなく赤を飲みます。

京都アニメーションの方々に心からの感謝と敬意を、そして追悼の意を込めて。