どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

青龍ツァンファの武装が組めました。

御模道【ATKガール 06《四聖獣-青龍》苍华】

今日も撮影してる時間があまり無かったので、少し画像をupするだけの短い日記になります。

そう、上の画像でも分かる通り、このキットも玄武リィリィンと同じく非武装と武装形態の両方組めるんですよ♪( ´▽`)

いわゆる”ダブル素体”って言われるやつです。

ダブル素体だけに限らず、印刷なしのフェイスパーツは毎回3つ付属してるし、立派なディスプレイスタンドも付いてるし、キットによっては布製の特典が付属するものもあるし、太っ腹と言うか凄いサービス精神ですよね✨

“可愛さ”という意味では今のところまだ微妙な感じですが、精度やパーツ分割に関してはコトブキヤを遥かに上回るキットがこれですよ。

しかも価格帯は同じくらい…いや、むしろ安いくらいですからね。

可愛さやカッコ良さというのは見る人の感性によるところが大きいので、一般的とは言いませんけど、少なくとも僕個人として言えるのは、同ジャンルの中で御模道キットのカッコ良さは群を抜いてると思っています。

前にも書いたような気がしますが、これだけ美少女プラモを買いまくってる僕でも同じキットを複数買う事は無いんですが、御模道だけは例外ですね。

前置きがかなり長くなってしまいましたが、とりあえず素立ち状態を1周upして行きます。

〈ターンテーブル〉

やっぱめちゃくちゃカッコいいですね(((o(*゚▽゚*)o)))

この状態ですでに龍のイメージが上手く落とし込めてるし、バランスも接地性もバツグンです✨

相変わらずパーツの分割が凄まじいし、そのパーツの”被せ”が素晴らしいんです。
クリアーパーツの使い方も含めて、もはや芸術的とも言えるような仕事ですよ。

いやいやマジで凄いです。

ここまで組んでいて気になったところですが、悪い意味で気になったところはありません。
しいて上げるとすれば、頭のツノとヒジのクリアーパーツが少し外れやすいけど、ストレスに感じるほどじゃありません。

ここまで組むのに2時間半ほどかかってるんですが、終始良い意味で気になったところ、って言うかスゲーって思ったところばかりです。
いろんなメーカーの美少女プラモを組みまくって、相当目が肥えている僕でも心の声が実際口から漏れ出てしまうくらい凄いです。

画像では伝わらないかも知れませんが、この技術力はちょっと怖いくらいですよ。

特にこの3人はイカレてます。

ちなみに今まで武装系美少女プラモは100体以上組んでますが、その中で「凄い」と思ったキットと「カッコいい」と思ったキットのトップスリーはこの3人です✨

「可愛い」と思ったトップスリーはまた別の娘ですけどね。

白虎だけダブル素体じゃないので、スペシャル版から足らずを持って来て組みました。

あと、上画像のツァンファは胸を白虎のものに替えてあります。

まだバックパックや武器なんかは全然組めてないんですが、この時点ですでに大満足できる内容です✨

やっぱ御模道のキットはハンパないっすわ♪( ´▽`)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ

PSアイラブユー

僕が買った時は¥5000台だったキットが、今は¥8000台とかになってますよ💧

御模道はアラクネの頃から特別視して来たメーカーなので、日本でも人気が出て欲しいと思う反面、あまり手を出して欲しくないとも思いますね(-_-;)

なんか複雑な気持ちです。