どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はATKガールの青龍を開封して行きます。

実はちょっと配送の事でゴタゴタがあって到着がめっちゃ遅くなったんですよ。
中国直通の品物を取り扱うAmazonのカスタマーサービスが中国人の女しかいないんですが、こいつら全員当たり前のように約束を破るわ、全く仕事が出来ないわで最悪ですよ。

今まで配送トラブルなんか1回もなかったんですが、いざこういう事が起きると中国人はまともに話すら出来ませんね。
1人くらいならそんなふうに思う事もないけど、3人続けざまに脳無しの相手をさせられたらさすがに「個人」では済まされません。

「チョウ」「カ」「イン」
Amazonカスタマーにいるこの女どもは平気で嘘をつきます。
もし何かトラブルがあった時は気を付けて下さい。

しかし、こういう事があると一般人も国を代表する1人なんだと再認識させられますよね。

御模道【ATKガール 06《四聖獣-青龍》苍华】

頭からネガティブな話になってしまいましたが、とりあえず気を取り直して開封して行きます。

なぜかタイタン(08)が先に発売されましたが、ナンバリング順で言うとセルケト(05)の次はこの青龍(06)ですね。

四聖獣シリーズで言うと3番目の娘になります。

名前は「苍华」と書いて「ツァンファ」と読むみたいです。

やっぱキャラそれぞれに、ちゃんとした名前(設定)を付けてあるのはいいですね。作り手の愛情を感じます。

アシスタントはもちろん四聖獣の先輩2人です。

では早速箱パッカーンから。

デカい箱にいっぱい詰まってますよ。

日本のメーカーと比べるとどう考えても¥5500の量じゃないです💦

中身を出して行きます。

ランナーは36枚でカラーが7色です。

御模道のキットって色分けは凄まじいけど、基本的に色の種類は少なめですよね。

リード線とこれ、何て言ったらいいんでしょうね…

武器を空中にディスプレイする為の物という意味では、まぁリード線と同じ役割をする透明のプラスチックですね。要するに武器のスタンドです。

いろいろ入った袋です。

上の袋の中身ですが、まずPVCの髪と、ポニテを繋ぐ為のジョイントです。

バンドパーツです。

素体用のものが6パターンと武装状態時のものが6パターンですね。

フェイスパーツです。

表情が3パターンと印刷無しが3つです。

コトブキヤやグッスマのチトセリウムに比べるとまだまだって感じですが、目に見えて明らかに進化していますね。

デカールです。

説明書はこんな感じになってます。

全22ページで組み立て工程は14ページですね。

写真を見るだけでもうカッコいいのは間違いないですやんこんなん(((o(*゚▽゚*)o)))

すぐに全部組めるかどうか分かりませんが、とりあえず素体は今から組んで行きたいと思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ