どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はバーゼ アニメVer.の最終回になります。

【メガミデバイス×フレームアームズ・ガール 《バーゼラルド Animation Ver.》FAガール】

とりあえず続きの画像をupして行きます。

〈ターンテーブル〉

ホンマ可愛いなこりゃ(*´∇`*)

こういうポーズをさせても今のところ補強は必要ありませんね。

「今のところ」と言うのは、コトブキヤのキット(プラ)って組んで少し経つと大抵各接続部がユルユルになるので、こういう体や脚を上に曲げるポーズをとらせようとすると、胴体や脚が重力に耐えれずにダランと下がってしまう事が多いんですよ。

その時は補強が必須になるんですが、現時点では全ての関節がしっかりとしているので問題ないですね。

こういうポーズでも大丈夫です。

〈ターンテーブル〉

なんかアニメのOPでこんなシーンがあったようななかったような。

とにかく間違いなく言える事は、アニメのバーゼはめちゃくちゃカワイイという事です。
天真爛漫な性格なんかも含めてね。

武装形態(フル装備)にして気になったところなんですが、まず後ろ髪がヘッドギア無しと流用になっているので、差し替えが結構面倒です。

面倒なだけじゃ無く、4つある後ろ髪の可動箇所には、サイズこそ違いますが、手首と同じタイプの脆いジョイントが使われているので、破損の方も心配ですね。
小さいCランナー1枚で事足りるんですから、ここはもう1セット入れておこうぜって心の底からそう思いますね。

あと、テールブースターの設置面が雑です。

これはおそらく素体が全く別物になったのに、装備がそのまま使い回しなのでこんな事になったんだと思います。

背部ユニットにはアタッチメントが付いていたんですが、テールブースターも腰の曲線に合わせて欲しかったですね。
さすがにこれはちょっと適当すぎますよ。

それとアーム周りでパーツがキッチリ合わない箇所がいくつかありました。

素体に関してはほぼ完璧に近い完成度だと思うんですが、武装関係は相変わらずって感じですね。
まぁバーゼの武装はかなり古いランナーの使い回しなので相変わらずってのは当たり前の事なんですが、これに限らず完全新規のキットでもコトブキヤは未だに武装関係が弱いですね。

そろそろ武装関係にもっと力を入れて欲しいです。

昨日の日記で「武装脚もFAガールのバーゼと同じもの」と書きましたが、スケールは同じでもFAガールのバーゼがフトモモ部分から差し替えるのに対して、こっちのバーゼはヒザ下から差し替える形になってます。

とは言え、スケールが全く同じなので武装脚に換装した時、FAガールのバーゼと比べて脚がかなり伸びる事になります。

なので非武装状態の時と比べると身長差はかなり縮まります。

今気付いたけどFJの赤バーゼって脚がかなり長いんですね。そう見えるだけかな。

武装を組むのにかかった時間が1時間20分、素体で1時間10分なので、全部組むのにかかった時間は2時間半くらいですね。

以下は余剰パーツです。

中には予備パーツも含まれます。

以上、アニメ版バーゼラルドの紹介日記でした。

【メガミデバイス×フレームアームズ・ガール 《バーゼラルド Animation Ver.》FAガール】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高に満足!(番外)
☆☆☆☆☆大満足
☆☆☆☆満足
☆☆☆普通
☆☆不満
☆金返せ!(論外)

本文にも書いたように、武装に関しては不満な点も多いんですが、そもそも僕はコトブキヤに対して武装は期待していないので、そういう意味では買って良かったと思っています。

素体は本当に良く出来てますよ✨

バーゼが好きな人は素体目的で買うだけの価値は充分にあると思います。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、商品のクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ