どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

バーゼ アニメVer.の仮組みが出来たので、とりあえず今日は非武装形態の紹介をやって行きます。

【メガミデバイス×フレームアームズ・ガール 《バーゼラルド Animation Ver.》FAガール】

まずは他のバーゼ2人とファーストコンタクト。

ノーマルバーゼと比べるとめっちゃ小さいですね。

それではまたグルッと1周。

〈ターンテーブル〉

おお!
めっちゃカワイイやん(((o(*゚▽゚*)o)))♡

これぞ僕が好きなアニメ版のバーゼですよ✨

髪はゼルフィカールなんですね。

3パターンある表情はこんな感じです。

上2つはとても良い感じなんですが、3つ目の表情は使い所が難しそうですな。

では次の画像を。

〈ターンテーブル〉

マシニーカにとって片膝ポーズはお手の物ですね。

ただ、肩甲骨の可動はありません。

って言うかアニメバーゼ可愛いなぁ(*´∇`*)

次は上で「使い所が難しそう」って書いた表情を使ってみました。

〈ターンテーブル〉

公式では「驚き顔」って事になってるんですが、驚いてる割には口を閉じてるし、なんか中途半端で使い所が思い付かないですね、この表情は💧

ここからはちょっと組んでいて気になったところを書いて行きます。

まず、このキットはパーツのピンを切ってしまう可能性が非常に高いので注意が必要です。
と言うのも、小さいピンに直接ゲートが繋がっているパーツがかなり多いんですよ。

例えば下に貼る工程は全部要注意です。

説明書に注意を促すマークはあるんですが、それでもついうっかり切り飛ばしてしまう可能性は高いと思います。

これ以外にもまだあるんですが、とにかくこういうパーツがとても多いので充分に気を付けた方がいいと思います。

あと、下画像のパーツ(F❷)がユルくてすぐに外れますね。

素体を組んでて気になったのはそんなところで、総体的にはとても良く出来てます。

それに何より、前のアニメVer.が全くアニメVer.じゃ無かったのに対し、今回はアニメのバーゼ同様かなり身長が低くなっているのと、顔もアニメのバーゼに近くなっているので良かったです。

アシスタントの2人と並べると違いが良く分かると思います。

ヘッドギア無しが組めるのも嬉しいですね。

ちなみにメガミデバイス低身長コンビの2人と比べるとこんな感じです。

このバーゼは僕が知る限り、メガミデバイスとフレームアームズガールの中では3番目に背が低いキャラという事にになりますね。

素体を組むのにかかった時間は1時間10分です。

背部ユニットはゼルフィカールも含めると、今まですでに4つも組んでるので放置しようと思ってたんですが、それほど時間もかからないので続けて組んでしまいました。

これからフル装備形態の写真も撮影しようと考えているので、また近い内に紹介できると思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ