どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はリトルアーモリーのショットガンを紹介するんですが、ただひたすら画像をupして行くだけの日記になると思います。

【リトルアーモリー《M870MCS》LA019】

まずはまた内容物チェックから行きます。

と言っても説明書と小さいランナーが2枚だけなんですけどね。

説明書です。

このM870は3パターンの形状を楽しめるようになっているんですが、ストックやバレルなどを交換する事なく、3つのパターンを個々に組み立てる事が出来るようになってます。

要するに1箱でショットガンが3挺組めるという事ですね。

更にその3挺のストックを組み替える事で、全部で9パターンの形状を使い分ける事ができるようになっているんですが、今回紹介するのは基本形状となる3パターンだけにしておきます。

それではとりあえず銃単体で撮影した画像からupして行きます。

フィクスドストックVer.

コラプシブルストックVer.

プリーチャーVer.

個人的にはコラプシブルストックVer.が好みです(^^)

ちなみに3つとも接着しなくてもそこそこしっかりとしています。

ここから下は最近出番の多いフレズヴェルク少佐に実際に持ってもらって紹介して行きます。

フィクスドストックVer.

銃主体で。

シューティングレンジで射撃テスト。

コラプシブルストックVer.

銃主体で。

シューティングレンジで射撃テスト。

プリーチャーVer.

銃主体で。

〈ターンテーブル〉

最初はこれで終わりにしておく予定だったんですが、バイクと一緒に撮影しててターミネーターⅡのあのシーンを思い出したので、ちょっと追加で撮影してしまいました。

で、そのターミネーターⅡのシーンというのが、バイクを運転しながらスピンコックでリロードするあのシーンです。

このM870はポンプアクション式なので実際はスピンコックは無理なんですけど、バイクとショットガンと言えばやっぱあのシーンが思い浮かびますよね(≧∇≦)

あ、それとあと、以前ガンラックのロッカーにはショットガンを並べたいと書きましたが、M870は長さ的にコラプシブルストックVer.しか無理でした(^^;

以上、リトルアーモリー《M870MCS》の紹介日記でした。

【リトルアーモリー《M870MCS》LA019】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高に満足!(番外)
☆☆☆☆☆大満足
☆☆☆☆満足
☆☆☆普通
☆☆不満
☆金返せ!(論外)

3パターンをそれぞれ個別に組める事と、接着しなくても組めるという事はかなりポイントが高いです。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、商品のクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ