どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

先日メガミデバイスの《トップスセット&ボトムスセット》を紹介しましたが、その時に枚数が多くて載せるのをやめた画像があるので、今日はその画像をupしておきたいと思います。

可動域が大きくなった事が分かるような画像となっているので、よろしければ参考にして下さい。

まずは2人に同じ武器を使った模擬戦をやってもらいました。

…なんですが、何のプランも立てずに思い付きで初めてしまった為、画像サイズはバラバラでまとまりはないわ、オチはないわで「ナニコレ?」って感じになってしまいました(^^;

ただ、それなりに動きのある画像にはなってると思います。

あ、これは血の盟約に従い亜空間から武器を召喚してるイメージですね(笑)

上にも書いたように、特にオチも何もないんですが、武器を離して両手で防御魔法を展開したウィッチの負けって事になりますかね(^^;

こういう写真を撮り出すと、今度はいろんなタイプのエフェクトパーツが欲しくなって来ます。

と言っても、連続写真はめっちゃ時間がかかるのでそうそう撮れないんですけどね💧

次はスカイネットのCB1000Rに乗せてみました。
ただ1人で乗せるだけなら何度かやってるし、《ボトムスセット》を装備してなくてもだいたい同じ感じになるので、今回はタンデムです。

〈ターンテーブル〉

画像では足がステップに乗ってませんが、これはステージに置く時に少し姿勢がズレて足が動いた事に気付かず撮影してしまっただけで、ステージに乗せる前は3本ともしっかりとステップに足がかかってました。

後部シートに綺麗な姿勢で座る、という実際の人には簡単にできる事でも、プラモやフィギュアでこれが出来るのはなかなか凄い事なんですよ。

それでもまぁこれは股を開く動作なので、他にも出来るプラモやフィギュアはあると思います。

このボトムスセットの真骨頂はやっぱり股を内に入れる動作ですね。
脚組みくらいしか思いつかないですけど(^^;

って事でちょっとそれっぽい画像を。

雑ですがちょっと画像編集してみました。実際はマジカルガールの指先に浮いてるエフェクトパーツはアルミ線で浮かしてあります。

しかしこの2人はいったいどこへカチコミかけようとしているのか…

MSG《トップスセット&ボトムスセット》は今のところ3色発売されていて、もう1色「スキンカラーB」というのも持っているんですが、そのカラーに合う娘は多分いないので今回紹介するのはこの2色だけにしておきます。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ