どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

以前作った自作撮影ブースですが、あれからちょっと手を加えたので今日はその記録になります。

これは一応テーマを「和」と「桜」って事にしているので、自分なりに畳を作ってみたんですよ。

材料は100均の「貼れるボード」「ペーパークラフト バンドキット」「和柄マスキングテープ」のみです。

作り方はめっちゃ簡単です。

1/12スケールで作りたいので、まずは「貼れるボード」を実際の畳のサイズの1/12にカットします。

実際の畳のサイズは地域によって若干規格が変わってくるらしいので、その辺はザックリでいいと思います。

今回は自作撮影ブースのベースに合わせて作るので、まずは6枚とも1/12サイズでカットしておいてから、そのあとベースのサイズに合わせて邪魔な部分を更にカットしてあります。

次にサイズを決めた「貼れるボード」の長さに合わせて、それより少し長めに「ペーパークラフト バンドキット」をカットします。

カットした後の「ペーパークラフト バンドキット」は丸くなっているので、重石を乗せるなどして出来るだけ真っ直ぐにしておいた方がいいと思います。

それを端から隙間なく貼り付けて、最後にハミ出た余計な部分をカットします。

そして下画像のようにマスキングテープを貼ったら完成です。

まだ「ペーパークラフト バンドキット」を貼ってない白い状態の物と並べるとこんな感じです。

全部完成した物を並べるとこうなります。

なんとなく畳っぽいですよね♪( ´▽`)

前回作った台を乗せるとこんな感じ。

で、ここに和紙を貼った壁をセットして、刀が似合う美少女2人を座らせると下画像のようになります。

この写真を撮ったのは昨日なんですが、畳を作ってから少し日が経っていたので、和柄のマスキングテープが剥がれてしまってます。

作った時に予想はしていた、と言うか和柄のテープがこれしか無かったのでそうなる事を分かった上で貼っているんですけどねf^_^;

何かいい普通のテープを見つけたらまた張り替えます。

今回改良したのはこれだけですが、いずれ障子や襖のある壁を作ろうと画策しております(^^)

畳の制作費は6畳で¥330ですが、「貼れるボード」と「和柄マスキングテープ」はブースに使った物の余りを使ってるので、実質¥110ですね。
「ペーパークラフト バンドキット」1巻でちょうど6畳くらい作れます。

畳についてはここまでで終わりなんですけど、せっかくなんでこのあとディスプレイを桜Ver.に変えて、エクスキューショナーとエクソシストを撮影してみました。

ブース自体は畳Ver.と同じものです。

ベースに敷いた青いクッション材は一応水をイメージして配置してあります。

前回のとっ散らかったディスプレイと比べると、ちょっとはマシかな。と思います。

安いし、自由にいろいろ飾り付け出来るし、コンパクトに分解出来るし、これは我ながらなかなか良いものを作ったと…感じざるを得ません❗️

って事で、今後もちょくちょく色んなパターンを試してみたいと思ってます♪

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ