どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

ラーニアたんのDX Ver.がまだ終わってないんですが、とりあえずここで新作キットの紹介を1つ放り込んでおきたいと思います。

【クロスフレーム・ガール《ワンダーウーマン》 Humikane Shimada Ver. 】

届いた時にも書いたように、僕はワンダーウーマンというキャラは全く知らないんですが、デザインが島田フミカネ氏のクロスフレームガールという事で予約してありました。

クロスフレームガールって事で、アシスタントは久々のガオちゃんです。

相変わらず可愛いなぁ(*´ω`*)
ただ、この娘もあらゆる関節がユッルユルになってたので、ほぼ全ての関節を強化しました(;´д`)

コトブキヤのキットだけって訳でも無いと思うんですけど、数ヶ月後に箱から出すとほぼ確実に関節がフニャフニャになってたり、あちこちバラバラになったりするのは一体どういう事なんでしょうね💧

動かしまくってる内にユルくなるっていうならまだ分かるんですが、室内で丁寧に保管してあるものがこうなるって事は、自然にオス側が萎んで痩せてるのか、逆にメス側が広がってるって事ですよね。

いずれにせよ、色んなポーズをさせて遊ぶ事や、色んなカスタムをやって遊ぶ事を前提として購入している人からすれば、この現象が起こる限り合わせ目消しや塗装はできませんよね(T_T)

合わせ目消しや塗装をやって完成させてしまうと、もうバラして補強する事が出来なくなりますから。

合わせ目消しや塗装をやってる人たちはそれを承知の上でやっておられるんでしょうか?
もし何か対策があるのなら教えて欲しいです。

冒頭からいきなり脱線してしまいましたが、とりあえず箱のサイズ感はこんな感じです。

それでは箱をパッカーンしましょう。

デカい武器も背負いもの系の装備も無い軽装タイプのキットなのでランナーも少ないです。

しかしカワイイなガオちゃんは(*´ω`*)

内容物を見て行きます。

ランナーは10枚でカラーは7色ですね。

ポリキャップです。

塗装済みパーツです。

リード線ですね。

ハンドパーツは5パターン(5組)です。

フェイスパーツは3パターンですが、またただの視線違いがあるので、個人的には2パターンしかないという認識です。

デカールです。

説明書はこんな感じです。

全16ページで組み立て工程は12ページですね。

それでは早速組んで行きたいと思います。

オマケ画像。

中古で安く譲ってもらったエイリアンです(笑)
このリボルテックのエイリアンって人気があるみたいで、定価ではもう手に入らないんですよね💧

また後日詳しく紹介しようと思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ