どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

ラーニアの途中ですが、先に《白龍 曹仁》の紹介をしたいと思います。

摩動核【MNQ-02《白龍 曹仁》1/72】

これは以前紹介した【MNQ-01 《黄龍 白起》1/72】の第2弾となるダイキャストフレーム製の完成フィギュアです。

ではとりあえず開封から。

今回アシスタントはマシュにやってもらいます。

箱をパッカーンするとこんな感じです。

ブリスターを横にスライドさせて取り出します。

マシュで身長が13センチほどあるので、比較するとそのサイズ感が分かってもらえると思います。

とにかくデカいです💦

ブリスターは黄龍と同じく4段積みになってます。

本体パーツは下画像のように分割された状態で入ってます。

黄龍の時は肩のパーツも別になっていましたが、この白龍は最初から肩パーツが組まれた状態で入ってました。

で、これを全て繋げるとこうなります。

〈ターンテーブル〉

本体の形状は黄龍とほぼ同じなんですけど、白もめっちゃカッコいいです✨

各部を寄りで。

個人的に頭部はこっちより黄龍の方がカッコいいと思いますね。

デカくて2体並べる事が出来ないので、比較画像を貼っておきます。

で、本体にバックパックを付けるとこうなります。

〈ターンテーブル〉

黄龍ほどの派手さはないけど、やっぱ背負いものを装備すると一段とカッコ良くなりますね(((o(*゚▽゚*)o)))

比べるとこんな感じです。

各関節や接続部の具合もいい感じです。
ただ、これも黄龍と同じなんですが、最初はちょっと硬いので、馴染むまでは様子を見ながら動かしてやった方がいいと思います。

こちらも全ての指の関節が可動します。

パイロットは向かって左側のキャラクターみたいですね。

次回は翼と武器を装備させた状態を紹介させてもらいます。

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ