どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

先日紹介したシームレスフィギュアなんですが、あれからちょっと試しに寄夜姐さん(アラクネ)の義体として使ってみたので紹介しておこうと思います。

TBリーグ【PHMB2018-T01A《スーパーフレキシブル女性シームレスボディ》ステンレススチール】1/12スケールフィギュア

とりあえず最初に書いておくと、ただ頭部を付け替えればいいという訳には行きませんでした。

フィギュア側の首(ボール)が小さいんですよ。
なのでとりあえず小さく切ったビニールをボールに被せてから、寄夜姐さんの頭部を付けました。

まぁその場凌ぎの応急カスタムですが、これだけでも普通に安定はします。

ということで、少し手を加えたシームレスボディーを義体とした寄夜姐さんがこちらになります。

姐さんからOKをいただきました(๑˃̵ᴗ˂̵)b

って言うか、1/12スケールでこれほど自然に脚が組めるのって凄い事ですよ!

おまけにボディがシリコン製なので、見た目が崩れるような事もありません。

ここ2〜3年の間に何十体もの可動式プラモやフィギュアを触って来ましたが、これは正直衝撃を受けました。

少なくとも僕がこのブログで紹介して来た可動モデルの中では圧倒的です。

ここまで自由度が高いと動かすのがめっちゃ楽しいですね♪( ´▽`)

って事でちょっと違うポーズもいくつか。

いや、マジで凄いですこれ( ゚д゚)

なんとなくフットワークが軽そうなポーズ。

もう1度言いますがこれ、1/12(15㎝ほど)のフィギュアですからね。

姐さん自前の刀を持たせてみました。

〈ターンテーブル〉

サラシの代わりになりそうな素材が欲しいですねw
って言うか、首から下だけ見ると、パッと見本物と間違えてしまいそうですよ。

最後に「あんたぁ〜、ちょっとこっちきぃ」的なポーズ。

〈ターンテーブル〉

「姐さん!シリ!シリ出てまっせ!」

いや、確かにシリとか表情とかツッコミたくなる要素がてんこ盛りですけど、この写真で驚くべきポイントはそこじゃなくて胡座ですよ!あぐらでっせ💦

PHMB2018おそるべし!

ここまで書いて来たとおり、凄まじい可動性能とリアルさを誇る《PHMB2018》ですが、このリアルな体とアニメ的な頭部の組み合わせはやはりアンバランス感が否めません。

ちゃんとした服を着せればそれほど違和感を感じなくなるとは思うけど、この義体を使いこなせるのは今のところ寄夜姐さん以外いないような気がします(^^;

そうだす。服を着せたら分からなくなるとはいえ、このアスリートみたいな筋肉質体型が難点なんです。

もう少しふっくらとした、もっとこう女の子っぽい体型のバージョンがあれば最高なんですけどね。

何!?ある…だと?

そうなんですよ。
来年の3月に同じメーカーから《PLLB2020》というアニメ体型バージョンが発売されるみたいなんです✨

おー!ええやんっo(*゚▽゚*)o

っちゅーことで早速白い方のangelに「俺ンとこ来ないか?」って誘っておきました♡

アッフォゥー♪

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ

PSアイラブユー

今日届いたものです。

チトセリウム《VI カーボニア ロンズデライト》

たぶん年内には組めそうにないっす💦