どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は《黄龍 白起》の最終日記になります。

摩動核【MNQ-01 《黄龍 白起》1/72】

《黄龍 白起》の紹介はすでに3回やってますが、まだ紹介できてない形態が2パターンあるので、最後にそちらを紹介して締めにしておこうと思います。

まだ紹介できてないパターンの1つ目は、背中に武器をマウントさせた状態になります。

これもまためちゃくちゃカッコいいじゃあーりませんか(((o(*゚▽゚*)o)))

翼も含めるとかなりの重量になりますが、これだけ背中に装備してもしっかりと自立するのは凄いですね。

ただ、前前回の記事で書いたように、スタンド無しで自立させた時、重さで胴体の可動箇所が後ろに倒れてしまいます。

これの応急的な対応として、僕は接続部(可動箇所)の隙間に適当な厚みのプラを挟み混んで、後ろに倒れないようにしています。

最後に紹介するのは、ドラゴンモードです。

このフィギュアは変形&パーツ差し替えで、2足ロボからドラゴンの姿に変える事が出来るんですよ。

そのドラゴンがこちらになります。

まるで別のフィギュアかってくらい雰囲気がガラッと変わるでしょ。

2足ロボの姿もカッコいいし、ドラゴンの姿もまたカッコいいんですよ(((o(≧∀≦)o)))

どちらも甲乙つけ難いくらいカッコいいんで飾る時どっちにするか迷いますよね💦

大きさの比較対象も兼ねてイノセンティアを乗せてみました。

なんか全然違和感がないくらい相性がいいんですけど♪( ´▽`)
イノセンティアにファンタジーふうの衣装を着せればもっとしっくり来るかも。

ドラゴンモードで最後って書きましたが、あともう1つ紹介する事がありました。
それがこちら↓になります。

そう、ボタン電池を入れると目が光るんですよ。
光が漏れまくってますけどね(^^;

これはまぁほとんど使う事が無いとは思いますが、一応こういうギミックもあると言うことで。

挙げればまだ他にも細かいギミックはあるんですけど、紹介するプラモやフィギュアがどんどんケツを押して来てるので、ザックリではありますが、《黄龍 白起》の紹介はこれで締めにしたいと思います。

摩動核【MNQ-01 《黄龍 白起》1/72】の自己中ランク=☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高なフィギュア(番外)
☆☆☆☆☆神フィギュア
☆☆☆☆良フィギュア
☆☆☆凡フィギュア
☆☆クソフィギュア
☆最低なフィギュア(論外)

ネガティブな面で気になったのは、フル装備にした時に起こる胴体のヘタリくらいで、もしスタンド以外の対策があれば☆6でした。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、キットのクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ

重要PSアイラブユー

【トランプ親分演説】

【マスゴミや芸膿人が時期大統領だと言って聞かないバイデンおじいさん】

マスゴミや芸膿人が愛して止まない、マスゴミや芸膿人最愛の推しメン!バイデン爺w

まぁオマエらの知能じゃこれくらいのリーダーがちょうどいいってかww

もうあまり笑かさんとってくれーwww

マジで声出して笑ったわw

真面目なハナシ、おいマスゴミ!おい芸膿人!親分を怒らせたオマエら…もうダメじゃね?(^^)

折れた脚で全体重を支えて痛みも感じないボケ爺さん。

もはやここまで来るとギャグですな。

いくら絶対に勝てる「史上最大規模の選挙詐欺組織を作った」と豪語してたとはいえ、ディープステートのゴミカス共もよくこんなチンケな神輿で史上最高の指導者とまで言われてるトランプ親分に挑もうと考えたな。

比べる事すら失礼なくらい格が違い過ぎるわ!

ディープステートとは言え、所詮はただカネを持ってるだけの老害共の知恵って事か。情報源がこの犯罪者供の手先であるメディアしか無かった時代はそれで通用したかも知れんけど、このネット時代、そんな年寄りのボケた頭では通用せんよ。

財閥か王族かなんか知らんけど、カネしか無い老害供はさっさとこの世から消え失せろ!

って言うより、バイデンとかいう雑魚ジジイに構ってられないくらい事態は大ごとになって来ましたよ。

その事についてはまた明日の日記で追記しようと思います。