どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は《ルーデンス》の仮組み日記最終回になります。

フレームアームズガール?《ルーデンス》

とりあえずスーツ着用状態の画像の続きをupして行きます。

スピアフラッグのフラッグを外した状態です。

〈ターンテーブル〉

前回このスーツ着用状態の欠陥にについて書かせてもらいましたが、他にもいくつか気になった点があるので、その辺の事を書いておきます。

まず、これはスーツ着用状態に限ったことでは無いんですが、フェイスパーツを交換するのにいちいち下画像の状態までバラす必要があるので、結構メンドクサイです。

あと、スーツ着用状態の胴体は全く動きません。
バックパックの構造的にもそうなんですが、下画像を見てもらえれば分かるように、ボディ前面が胸から股間にかけて1枚もののカバーのような状態になってるんですよ。

なので例えバックパックを外したとしても体を捻る事も倒す事も一切できません。

首、腕、脚を使ってポーズを付ける事しか出来ないんです。

ちなみにヒザの可動域はこの程度です。

写真は撮ってませんが、腕(ヒジ)は90度くらいです。

素体の方はよく動くし、接地性もバランスも申し分ないんですけどね。

前回の内容も含めた以上の事から、このスーツに対する僕の感想は「カッコ良くないし、可動も最悪。ただ、エロさだけはバツグンのスーツ」といった感じですね(^^;

エロスーツに関する内容はこのくらいにしておいて、次はスカルマスク着用状態の画像を上げておきます。

〈ターンテーブル〉

うーん…このマスクのデザインも正直微妙な感じですね💧

個人的に口から顎にかけてのデザインはもう少しなんとかならなかったのかと思います。

このスカルマスクは、上画像のようにフェイスパーツの代わりに使用するものとは別に、マスクを手に持っているシーンを演出する為のものが1つ付いています。

下画像はそれを使用した例として撮影した写真になります。

〈ターンテーブル〉

胸とみぞおちにあるベルトを固定する為の穴が気にはなるけど、これはなかなか良いかも♪( ´▽`)

スーツ着用状態に欠陥や不満な点があるキットではありますが、素体状態のデキがかなり良いので、何だかんだ言っても僕は結構気に入ってます✨

スーツ着用状態を組むのにかかった時間は約1時間半ほどで、素体も合わせると2時間40分くらいでした。

まだいろいろ試してみたいパターンがあるので、また後日追記するかも分かりませんが、とりあえずルーデンスの紹介日記はこれで一旦締めということにしておきます。

僕の予想ではこのキット、ブラックver.が出た後くらいから普通の価格では手に入りにくくなるような気がしますね。

フレームアームズガール?《ルーデンス》(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高なキット(番外)
☆☆☆☆☆神キット
☆☆☆☆良キット
☆☆☆凡キット
☆☆クソキット
☆最低なキット(論外)

素体だけ組んだ段階では、FAガール史上最高クラスのキットだと感じたくらい満足度が高かったんですが、スーツ着用状態の欠陥がちょっとシャレにならないくらい酷過ぎます。

素体状態だけで言えば☆5、スーツ着用状態だけで言えば☆1という、とにかく両極端過ぎて今までで1番自己中ランクを付けにくいキットですねこれは💧

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、キットのクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ