どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は《ウッドペッカー》の仮組み完了日記になります。
昨日の続きで、オープンタイプの方を紹介して行きます。

ヘキサギア【飛行ユニット《ウッドペッカー》】

とりあえずまたウッドペッカーのみの画像から上げて行きます。

昨日紹介した通常タイプより僕はこっちの方が好きですね(^^)

このキットは「通常タイプ」と「オープンタイプ」の選択式となってるんですが、組み替えるのに一旦コックピットをバラさないといけないので、その時の気分で気軽に仕様を変えるというようなノリじゃ無く、どちらか気に入ったタイプを選んで組むと考えた方がいいかも知れません。

何度もバラしたり組んだりすると破損する可能性が高いし、塗装した場合は塗装が剥がれかねませんからね。

ガバナーと並べるとこんな感じです。

〈ターンテーブル〉

ガバナーを乗せる手順は通常タイプと同じですね。

搭乗後の画像はまたジオラマシートをバックに撮影しました。

〈ターンテーブル〉

比べるとこんな感じですね。

通常タイプ、オープンタイプ共に捨てがたいけど、どちらかと言えばやっぱオープンタイプかな。

あと、昨日書き忘れたんですが、ガバナーを乗せる際、背中のヘキサグラムとウッドペッカー本体を繋いで固定する為のパーツが付属しています。

画像は分かりやすいようにガバナー側に付けましたが、先にウッドペッカー側に付けてからガバナーを乗せた方がやりやすいと思います。

まぁ別にこれで固定しなくても安定するので、僕はこれを使わずに撮影しました。

下が余剰パーツです。

下の画像がこのキットに付属するパーツ類です。

92分隊にまた1人隊員が増えたってことで、最後に入隊の儀を取り行って締めにしておきます。

夢中w

隊長も大変やね(^^;

以上、《ウッドペッカー》の仮組み完了日記でした。

ヘキサギア【飛行ユニット《ウッドペッカー》】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高なキット(番外)
☆☆☆☆☆神キット
☆☆☆☆良キット
☆☆☆凡キット
☆☆クソキット
☆最低なキット(論外)

これ単体でもいろいろと遊べそうですし、カスタム素材としてのポテンシャルも高いと思います。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、キットのクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ