どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はグライフェンのライドビークルを紹介して行きたいと思います。

【フレームアームズガール《グライフェン》Ultramarine Violet Ver.】

まずはビークルだけの画像から行きます。

このカラーリング可愛いですよね♪( ´▽`)

ちょっと無理やり感もありますが、こういう乗り物は大好物です✨

〈ターンテーブル〉

グライフェンを乗せてみます。

〈ターンテーブル〉

ヘキサギア のスケアクロウもそうですが、このメカメカしい無骨な感じがイイんです❗️

武装されてないので、歩くのがめんどくさい時に乗るだけの乗り物ですけどね(^^;

って事でテキトーに少しだけ武装させてみました。

〈ターンテーブル〉

これで少しは索敵や戦闘に対応できるようになりましたね(^^)

グライフェンの顔を覆っているシールドはキット付属のものですが、ミサイルとレドームはMSGを使ってます。
このキットだけで上画像の状態にはできないので注意して下さい。

ライドビークルモードから変形や組み替えをやってパワードスーツモードにするんですが、そちらはまだ出来てないので今日のところはここまでにしておきます。

ビークルを組むのにかかった時間は1時間10分くらいでした。

新旧2体並べるとこんな感じになります。

ノーマル(古い方)のビークルはほぼ全てと言ってもいいくらい、ありとあらゆる関節がユルユルのフニャフニャなので、この状態にするだけでかなり時間がかかりました💧
一旦バラして全ての関節を補強しないとダメですねコレは(;´д`)

それに比べてUltramarine Violet Ver.は割としっかりしているので、もしかすると金型に少し手を加えてあるのかも知れませんね。

ちょっとジオラマシートを背景に撮影したので、最後にその画像をupしておきます。

ジオラマシートPRO-S

ジオラマシートPRO-M

こういう写真を撮ろうと思ったらiPhoneごときのショボいカメラでは全くダメですね💧
特に黒い背景なんかはどうやっても色飛びが酷くて話になりません(;´д`)

一応AE/AFロックとか付いてますが、こんなモノなんの役にも立ちません。
性能が良くなったとは言え所詮は白人が作る携帯のカメラですね。

という事で最近一眼レフを買おうかちょっと真剣に考えてます。

僕が真剣に欲しいと考えだしたって事は、たぶん近いうちに買う事になるんだと思いますけど(^^;

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ