どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

皆伝の楓はんが組めたので早速紹介して行きたいと思います。

【メガミデバイス《吾妻 楓 (皆伝)》アリス・ギア・アイギス】

まずはノーマル楓はんとのファーストコンタクトから。

並べるとこんな感じです。

ノーマルを組んでからかなり日が経つので、コスチューム以外何か変わっているところがあるのかどうかちょっと明言できないんですが、何かプロポーションもちょっと違いますよね?脚のラインとか。

と言うことで、とりあえずまた素立ち画像から行きます。

〈ターンテーブル〉

ノーマルも良かったけど、どっちかって言ったら僕はこっちの方が好きですね(*゚▽゚*)
更にエ…カッコ良くなってると思います♡

3パターンの表情をそれぞれアップで。

コトブキヤキットの顔はやっぱカワイイですね(*´ω`*)

クロスギアと呼ばれる武器(剣)だけ先に組んだので、次は別表情でそれを持たせた画像です。

〈ターンテーブル〉

エ…カッコいいですね!

次はちょっとしたアクションポーズです。

〈ターンテーブル〉

重心バランスや接地性、可動域も申し分ないし、関節の固さも今のところは良好です。

ただ、首の接続部がすぐに抜けてしまうんですよ💧

ユルくて抜けやすいって言う訳でもないんですが、なぜか首を動かすとすぐに抜けてしまいます。
ここが抜けると結構面倒なんですよね(;´д`)

今のところそれ以外の不具合はないと思います。

あと、ノーマルと皆伝ではクロスギアの色も違うので、その比較画像と動画を上げて終わりにしておきます。

〈ターンテーブル〉

やっぱエ…可愛いさはコトブキヤが突出してますな。

例え客に対する配慮やサービスは二の次だとしても、女体に対する徹底した探究心とこだわりの手だけは絶対に緩めない!
これはこれである意味賞賛に値する精神なのかも知れませんね。

女体美に比べればサービスなんてゴミにも等しいちっぽけなモノ!

あえて言おう、カスであると!

このメーカーに求めるものはサービスよりエ…可愛いキットを作り続けてもらう事なのかも知れません。

素体とクロスギアで1時間ちょっとでした。

最近アンダーゲートのキットばかり組みまくっていたので、めちゃくちゃ楽に組めた気がします。

まだランナーがこんな大量に残ってますけども(^^;

このまま引き続き背部ギアを組んで行くつもりなんですが、そちらの紹介日記は2〜3日後になるかも知れません。

PSアイラブユー

実は昨日ちょっと右拳を痛めてしまって、右手が思うように動かせないんですよね(^^;

明日までには完全に治す予定ですが、今日はちょっと腫れてて痛いのです(T_T)

黒くなってるところは誰にでもあるただの拳ダコです。

しかしこういう時両利きは非常に便利です♪( ´▽`)

皆さん、自分の材質(肉体)より硬い物を相手にする時はチカラ加減に充分気をつけましょう!
打ち抜いたらダメ!ゼッタイ。

僕は昔、対象物を完全に無力化すつもりで打った1撃を相手に避けられ、後ろのコンクリの壁を直撃してしまい小指を複雑骨折してしまうというマヌケな事をした経験があるんですよね(๑˃̵ᴗ˂̵)

拳を鍛えるのは紳士の嗜みですが、いくら鍛えまくった拳でも自分の力で簡単に壊れてしまうのです。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ