どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

ATKガールが4体とも組めたので、次のキットを組んで行くんです!

【神道物語《豊臣 秀羽》】

まだもうしばらく中国メーカーのキットが続きますよーん( ˆoˆ )ノ

まず箱の大きさなんですが、メガミの《一条 綾香》より少し小さい感じですね。

これ、メーカー名をアピールしていないところを見るとかなり胡散臭いキットなんですが、まぁとりあえず開封してみましょう。

正直このタイプの箱って好きじゃないんですよね(´o`;

開けた時にしっくりくる擬音もパッカーン!って感じじゃないですしね。

中身は結構余裕がある感じで入ってます。

ではその中身を出して行きましょう。

ランナーは8枚でカラーが7色となってます。

一応ランナーとは別扱いにしましたけど、腰のベルトはこんな感じになってます。

これ、パーツより不要な部分に使ってる材料の方が多いですよね(^^;

このキットも髪パーツはPVCです。

中国では髪パーツはPVCというのが主流になりそうな感じですな。

ハンドパーツは5パターンです。

フェイスパーツは表情が4パターンと、印刷無しが4個付いてます。

弓の弦は金属パーツになるみたいです。

デカールです。

それとあと、背景に使うものと思うんですが、こんなプレートが入ってました。

ペラペラな紙ではなく、なんて言うかマウスパッドみたいな感じですね。

あとは説明書です。

それでは早速組んで行きたいと思います。

PSアイラブユー

今日プリンセスプリンセスの武道館ライブを観ていたんですが、やっぱプリプリは最高にカッコいいライブをやるロックバンドですね。

もう25年以上も昔になりますが、ガールズバンドではもちろんの事、日本人でこれほどのパフォーマンスが出来る、または出来たバンドは未だに数少ないですよ。

当時CDは持っていたし、ガールズバンドの助っ人で10曲ほどギターを弾いた事もあるくらい好きでしたが、生でライブを見た事は一度もなかったんですよね。

今にして思えば武道館行っとけば良かったと思います。
あの時のプリプリを生で見るなんて事はもう二度と叶わない願いですから(T_T)

ちなみに僕はプリプリの中では今野登茂子が一番好きでした♡
この武道館ライブで中山加奈子にウインクするところ(1:07:31)とか、ここ(1:08:23)とかめっちゃカワイイ(*´ω`*)

ついでに下は1990年代前半くらい(10代後半)の時の僕です。

僕にもこんなウブで可愛い少年時代があったんですよ…時間ってのは本当に残酷なものです(T_T)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ