どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は《白虎シィンシャオ》の続きです。

ATKガール 03【機甲少女《四聖獣-白虎》星嘯】御模道

今日は昨日upできなかった画像を上げて行くだけの簡単な日記になりますが、ATKガールに興味がある人は是非見て行って下さいね(^_-)

それでは早速続きの画像をどぞヽ(´ー`)

〈ターンテーブル〉

やっぱカッコいいなぁ✨

重心バランスや接地性、関節の加減やポロリが無い事など、とにかく全体的に安定感が凄いからポーズをつけるのが本当に楽しいです♪( ´▽`)

安定感がバツグンなので、こんなポーズですら楽々こなしてくれます。

〈ターンテーブル〉

今にも変則的な蹴りが飛んで来そうなポーズでしょ(^^)

僕が使ってるターンテーブルって結構振動があるんですけど、それでも全くバランスが崩れません。

重心バランスだけじゃ無くて、とにかくプラモデルやフィギュアとして全ての安定感が凄いんですよ。
つまるところはクオリティがハンパ無いって事です(*´∀`)♪

よく考えたら最近カッコいいとかスゴいしか言ってないですね💧
僕ってサバイバルやバトルといった本能的な運動性能にはめっぽう優れているんですが、オツムの方はちょっと残念な性能でして…テヘ(๑˃̵ᴗ˂̵)

いくらクオリティがハンパ無いとは言っても、それでも多少は気になるところも出てくる訳で、その1つが武装時のフェイスパーツ交換が結構面倒だということです。

これは武装時のバイザーが側頭部のパーツによる挟み込みで固定されている為で、前髪を外すにはまず側頭部のパーツを外してからバイザーを外さないといけないんですよ。

なので、頻繁にフェイス交換をしたい人にとってはかなりめんどくさい作業になると思います。

僕はその「頻繁にフェイス交換をしたい人」に当たるんですが、実は玄武と同じく白虎ももう1つ買ったので多少は組み替え作業が軽減されるんですけどね(^^)

玄武の時にもちょっと書きましたけど、ATKガールは今までこっち系のキットで同じものを2つ買ったことがない僕が、初めて2つ買う価値があると思ったキットです。

プラモデルやフィギュアって国内メーカーのものでさえ入手困難になる事がよくあるので、海外メーカーである御模道のキットがそうならないとも限りませんからね。

まぁ多分国内メーカーがよくやる「再販商法」みたいな事はやらないと思いますけど。

在庫を抱えたくないってのはよく分かりますが、「数が少し多い限定品」みたいな売り方をやるから卑しい転売屋みたいな連中が湧いてくるんですよ。
大量生産が出来ないものに関しては仕方ないと思いますけど、国内メーカーにはこの辺の問題をもう少ししっかりと考えて欲しいですよね。

ちょっと話は逸れましたが、バイザーを外した状態の写真も少し撮影してあるので、そちらの画像も少し上げておきます。

僕はこのバイザー無し状態が気に入ってるんですが、よく見てもらったら分かるように、髪の毛のバイザーが干渉する部分を少し凹ませてあるんですよね。

最終的にパテで埋めて塗装するのもアリかと考えてるんですが、出来ればここはバイザー無し状態も組めるようにして欲しかったと思います。

最後に玄武リィリィンとの2ショットで今日のところは終わっておきます。

〈ターンテーブル〉

この2体の色分けと情報量よ((((;゚Д゚)))))))
マジで凄いです。

ボディの武装を組むのにかかった時間は1時間20分ほどでした。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ