どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

非武装形態でストップしていたATKガール《白虎シィンシャオ》の武装形態(本体側)が組めたので、今日はそちらの紹介日記になります。

ATKガール 03【機甲少女《四聖獣-白虎》星嘯】御模道

もう最初に言ってしまいますが、星6つです❗️
まぁカッコいいのなんのって(≧∀≦)

最初は組み立て過程の写真も少し撮っていたんですが、いちいち写真を撮ってられないくらいとにかく全ての工程が凄いので、途中で撮影するのをやめました(^^;

と言うことで、もう早速仮組み完了画像(武装ボディ)を上げていきます(^^)v

まずは素立ち状態から。

〈ターンテーブル〉

画像では伝わりにくいかも知れませんが、めちゃめちゃカッコいいし、信じられないくらい良くできてます✨

実際僕も買う前にネット上の画像は何枚か見ましたが、自分で組んで初めてその凄さやカッコ良さが分かりました。
もちろん画像を見た時もカッコいいとは思いましたよ。
先に組んだ3体もそうなんですが、御模道のキットって見た目だけじゃなく、触って分かる凄さやカッコ良さってのがあるんですよね。

ちょっと各部位をアップで。

わずか指1本程度の部位1つでこの情報量ですよ💦

カラー数は《ヘラクロス》ノヴァちゃんほどじゃありませんが、パーツ分割とその精度はハンパ無いです。
数えてないですけど、「ここまでで一体何パーツ使ってんねん!」って感じですね。
相変わらずクリアーパーツの使い方も秀逸です。

いい歳こいて頭おかしいのかってくらいこっち系のキットを組みまくってるオッサンが、組んでる最中終始「マジか!?」や「スゲーなおい!」を連呼してしまうくらいとにかく凄いキットなんですよ((((;゚Д゚)))))))

ここからはアクションポーズを数パターンupして行きます。

〈ターンテーブル〉

この手甲がまたカッコいいんですよ✨

手脚の武装はどうやって組み合わさっているのか分からないくらい複雑な重なり方をしています。

御模道のキットってこの「パーツの重ね方」が天才的なんですよ。

普通のキットなら「このパーツってこれだけやと外れやすそうやなぁ」ってところで終わるのに対して、御模道のキットは更にそこにパーツを被せる事によって外れやすいパーツを押さえ込むような設計をしてあるので、パーツが小さくても多くてもポロリしないんですよね。

まるで立体のパズルですよ。
1度組むとバラすのが大変だと思いますよこれは(^^;;

こういうのが「触って分かる凄さやカッコ良さ」ってやつの1つなんですが、これって画像を見ただけでは分かりませんからね。

武装系美少女プラモを組み慣れてる人でも感動すると思いますよ。
いや、むしろ組み慣れてる人”なら”感動ものです。

そもそも玄武の時に書いたように、こっち系のキットを組み慣れてない人にはオススメできない代物ですしね。
仮にもし逆に御模道さんのキットからこっちの世界に入ってしまった強者がいるとしたら、他のメーカーのキットでは物足らなく感じるでしょう。

寄夜姐さん(アラクネ)やノヴァちゃん(ヘラクロス)もクオリティは高いんですが、この白虎と玄武はもう他の追随を許さないレベルですから。

こっちの世界ではちょっとしたオーバーテクノロジーですよ。

あまりの凄さについ興奮してしまって、まるで最終記事みたいにいろいろ書いてますけど、よく考えたらまだ本体の武装だけなんですよねf^_^;

他にもアクションポーズを撮影してあるんですが、ちょっと思った以上に長くなってしまったので、続きは明日にしておきます。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ