どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はATKガール《玄武リィリィン》の武装形態(本体)の紹介になります。

ATKガール04【機甲少女《四聖獣-玄武》漓灵】御模道

まずはちょっとこれ見て下さい。

胸部装甲

バックパック

比較物と比べてもらうと分かると思いますが、もうスゴいを通り越してイカレてますよこれは💦

これがピタッピタッっとハマって行くのがめっちゃ気持ちいいんデス!

他の部位も全部こんな感じなので、わざわざピックアップするまでも無いと思い途中で写真を撮るのをやめました(^^;

とにかくパーツ分割とその構成が凄まじいんです。
全て計算され尽くしているのでポロりなんて全くありません。

以前も書きましたけど、これが「上出来」と「完璧」との違いですね。

とにかくもう凄いとしか言いようがないので、とりあえず仮組み画像を上げて行きます。

では武装形態(ボディのみ)の《玄武リィリィン》をどうぞ( ´ ▽ ` )ノ

〈ターンテーブル〉

この色分けとクリアーパーツの使いどころ…カッコいいとか良く出来てるとかいうのを通り越してもう芸術ですよこれは。

それとこのキットは組み替えにより胴(腹部)のカラーパターンが4パターン(白+肌色・肌色+白・肌色+肌色・白+白)楽しめるようになっているんですが、箱絵が肌色+肌色のパターンで描かれているので、一応そのパターンも紹介しておきます。

〈ターンテーブル〉

これはこれで捨てがたいですな(^^;

ここで開封日記の時にスルーした「ある事」について触れたいと思います。

その「ある事」とはこれ↓です。

〈ターンテーブル〉

これ、2セット買った訳じゃありませんよ💦
な、なんとこのキット、組み替え無しで素体モードと武装モードが両方完全な形で組めてしまうんです((((;゚Д゚)))))))

マジか御模道はん!?

これは嬉しい❗️
嬉しいけどサービスもここまで来たら逆にちょっと心配になるぞ( ゚д゚)੭ꠥ⁾⁾
メガミなんかと同じ価格帯で、しかも海外からの直通ですよ。
開封日記からいろいろと日本メーカーには無いサービスや配慮なんかを書いて来ましたが、ここまでやってマジで大丈夫なんスか!?

正直コトブキヤのキットを大量に組んでいる中で、「意地の悪い事をしよるなぁ」って思った事は何度もあります。

例えば「もう1枚ランナーを入れてくれるだけで、余剰パーツにならず武器が組めるのに」とか「粗悪な材質を使うならせめて破損しやすいパーツくらいは予備を入れておけ」とか。

かと言って、僕はフレームアームズガールやメガミデバイスの同じキットを予備として2個買いした事が1度もありません。

それは同じものを2個も買うほどの余裕が僕にはないということもありますが、上に書いたような理由から、例えキットに魅力があったとしてもメーカーにそうさせる魅力を一切感じなかったからです。

御模道さんの《玄武リィリィン》、すぐにもう1キット買わせていただきました。
シリーズ4作を組んでみて、キットはもちろんの事、メーカー自体にめちゃくちゃ魅力を感じているので、微々たるものだとしても少しでも応援したいという気持ちの表れです。

僕は決めましたよ。
このシリーズ、って言うかこのメーカーのこっち系プラモはこれから全て追いかける事にします。

気が早いけど今から第5弾が楽しみで仕方ないですよ(≧∇≦)

なんか締めの日記みたいになってしまいましたが、このキットの魅力はまだまだこんなものじゃありません。本番はここからです!

明日は武器を持たせたり、アクションポーズをとらせたりして行きますよ٩(^‿^)۶

あ、そういえばランナーに番号が付いてないパーツが1つありました。これは完全に成型時のミスですね(^^;

H1❻のパーツはH1❷の隣にあります。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ