どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

先に新作の方を組みたいので、ノヴァちゃんの武装は後回しにして、今日は昨日届いたアサルトエンジェルズ《琉璃)の開封をやって行きたいと思います。

B.E.E.【ASSAULT ANGELS《琉璃》雏蜂】SS01

とりあえず箱のサイズなんですが、今こっち系界隈を賑わせている旬な娘、相河 愛花ちゃんと比較してみました。

愛花ちゃんの方が少し厚みはありますが、全体的にはかなり大きいです。

そしてこのパッケージがまたカッコいいんですよ!

イラストの部分が立体になっていてめっちゃオシャレなんです✨

裏から見たら分かりやすいんですが、イラストのラインが溝になっているんですよ。

何なんですかね、この凝りようは♪( ´▽`)

イラストもかなり可愛いです。

まだ箱を開けてもないのに良い意味で驚かされてしまいましたが、まずはいつもの箱パッカーンから行きます。

メーカーは違うみたいなんですが、これも寄夜姐さん(アラクネ)やノヴァちゃん(ヘラクレス)と同じく二重構造の頑丈な箱になってます。

大きいな箱にも関わらずギッシリと詰まってますね(^^;

では中身を確認してみましょうヽ(^o^)

ランナーは26枚と小さいのが少し…
寄夜姐さんやノヴァちゃんよりちょっと多いじゃないっすか💦

それほど重装備には見えないんですけどね。

それより姉さん事件です!
このメーカーもアンダーゲートだらけですやん(;´д`)

何ですか…中国では「プラモはアンダーゲートにしないとならない」っていう法律でもあるんですかね💧

これはマジでいい加減にしてもらいたいです(T_T)

とりあえず続き行きます。

ハンドパーツです。

これはカットされて無い状態ですね。

フェイスパーツです。

3パターンですね。

左と右の表情ってほとんど同じような気が…
まぁこのキットにもブランクパーツが3つ付属しているので、デカールを使えば6パターンになるんですけどね(^^)

そんな事より、このメーカーはタンポ印刷の技術までほぼ完璧に習得してません?

マジか…個人的には国内メーカー唯一の強みと思っている技術が…

デカールです。

新サクラ大戦の無限に付いていたようなドーム状のシールが2つ入ってました。

開封していて1番驚いたのが、髪パーツです。

この髪パーツ、PVC製なんですよ。

柔らかい材質ではなくて、figmaなんかの髪とよく似た硬質なものです。
こっち系のプラモは40〜50体組んでますが、こんな仕様は初めて見ましたよ。

説明書はこんな感じです。

この説明書も左右同時進行タイプです。
順序も左側に右手脚、右側に左手脚が組み上がる手順となっています。

今まで国内メーカーの説明書にずっと違和感を感じながら組んでいたので、このタイプの説明書ってだけでも組み立てる人の事をよく考えてくれていると感じます。

って言うか、普通に考えたら説明書はこうなると思いますけどね。
単純に効率を考えればどう考えてもこの方が合理的ですから。

説明書に誤りがあったようで、訂正の補足説明書が入ってました。

あと、「谢谢」と書かれたイラストカードが1枚入ってました。

こういうのイイですね✨

中国のキットはどれもが何らかの形で購入者に対する感謝の気持ちが伝わって来るんですよね。
僕の感覚としては、サービスや物を売る側の立場としてそれは当たり前の事なんですが、近頃ではほとんど失われたと感じるそういうユーザー本位主義的な姿勢ってめちゃくちゃ好感が持てます。
こういう気持ちにさせてくれるメーカー側に対してはこちらこそ感謝したいくらいですよ。

ただ、頑なにアンダーゲートに拘るのだけは謎です💧
それ以外の徹底したサービス精神を考えれば、もしかするとアンダーゲートも良かれと思ってやっているような気がしなくもないんですが、もしそうなら早く気付いて下さい。

塗装済みランナーとクリアーパーツ以外のアンダーゲートは嫌がらせでしかないという事にぃぃー!

それでは早速今から組んで行きたいと思います♪( ´▽`)

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ