どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

最近僕がバーゼラルドにハマっているということはすでに世界中の人がご存知かと思いますが、今回はプラモデルでは無く、フィギュアのバーゼラルドを紹介したいと思います。

キューポッシュ【フレームアームズ・ガール《バーゼラルド》FAガール】

『ねんどろいど』は何体か持ってますが、『キューポッシュ』はこれが初めてになります。

とりあえず箱から出すとこんな感じです。

ほぼ『ねんどろいど』と同じ感じですね。

付属品はいろいろとあるんですが、今日のところは素体状態の紹介だけにしておきます。
(脚は元から武装脚になってます)

それでは早速画像を上げて行きたいと思います。

〈ターンテーブル〉

こりゃまたカワイイですな(*´∀`*)♡

カワイイという事の他にこの時点でまず思ったのは、『ねんどろいど』よりディスプレイがしやすいって事ですね。

基本的にはこれも『ねんどろいど』と同じようなスタンドを使ってディスプレイする事になるんですが、本体の足裏に磁石が入っていて、台座の表面に貼ってある金属プレートにくっつくようになっているんです。

この磁石がなかなか強力なので、素体だけならスタンドを使わなくても充分安定します。
ちなみに僕の作業机も金属が入ってるので、机の上なら自立してくれます(^^)

あと、フェイスパーツの交換方式なんですが、『ねんどろいど』はFAガールのように顔だけ変えるやり方なのに対し、『キューポッシュ』は首との接続穴ごと変える仕組みになっています。

ねんどろいどもこの方式を使っているパターンがあるのか?
逆にキューポッシュも顔だけ変える方式を使っているパターンがあるのか?
その辺の事はハッキリと分かりませんが、僕が知る限りではその辺が『ねんどろいど』との違いになりますね。

8月1日追記…『ねんどろいど』は両方のパターンがありました。

あとフェイスパーツ(表情)は2パターンしか入ってません。

もう1つの表情は下画像の通りです。

〈ターンテーブル〉

どちらの表情もとてもカワイイですね(*´ω`*)

先日組んだFAガールのアニメ版《バーゼラルド》より、こちらの方がアニメバーゼの雰囲気に近いです♪( ´▽`)

ただ、やっぱり表情は最低3パターンは欲しいところですよね。

今日は軽く素体の紹介だけにしておきますが、また後日フル装備モードの紹介もさせてもらいますので気になる方は少々お待ち下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ