どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

《マジカルガール》の素体が組めたので、早速仮組み日記を書いて行こうと思います。

メガミデバイス【Chaos & Pretty《マジカルガール》】

まずは「ふぁいとっ♡」的な画像を(*´ω`*)

〈ターンテーブル〉

かなり前に発売されてるキットなので、画像なんかではちょくちょく見てたんですが、実物は思った以上に可愛いです(*´∇`*)

素体の段階では全然魔法少女って感じがしませんけどね(^^;

次は座らせてみました。

〈ターンテーブル〉

いや…このコはかなり可愛いですぜダンナ!

なんかあまり人気がないみたいですし、正直個人的にもあまり魅力を感じなかったんですが、これは完全に食わず嫌いでしたね。

横から見ると薄いのが不人気の原因なんですかね?個人的には全然アリですけど♡

今は数がある内に買って良かったと思っています(^^)

ちなみに動画で椅子代わりにしてるのは、このキットに付属する台座とエフェクトパーツを組み合わせた物です。

3パターンある表情をアップで。

やっぱこの魔法少女(不良少女)、二重人格でしょ(^^;

「んあぁ〜〜ン!?魔法少女になりたいだぁ?オッサンにできるほどあめぇ仕事じゃねぇんだよ!ヒゲ剃ってから出直してきやがれ」

あるいは腹黒超ぶりっ子キャラか…

ところで「ぶりっ子」って今でも使いますよね?死語じゃないっすよね?

それといつぞやもチラッと書きましたが、メガミデバイスのベースとなってる『マシニーカ』という素体は胸部と胴体を繋ぐ関節の横軸がとてもユルいです。

そのまま組んだだけでは重い武器を持たせるとほぼ確実に体が横に折れてしまいます。

そこで、軸を瞬着で少し太らせて補強してやるんですが、その際下画像のようにC❷とC❸のパーツは外した状態で作業しましょう。

もし組んだままでやると、おそらくC❷とC❸を折ってしまうと思います。

瞬着で補強するのはC❻の軸になるんですが、太らせたあとにC❼を差し込む際もあまり無理に押し込むとC❼が破損する危険があるので、調整しながら慎重に作業しましょう。

ここまで組むのにかかった時間は約1時間くらいです。

本来なら次は武装モードを組んで行きます、となるところなんですが、魔法少女の武装モードを組む前に、魔女っ子の方の素体を先に組もうと思っているので、次は魔女っ子《ウィッチ》の開封日記になると思います(^^)

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ

メガミデバイス【Chaos & Pretty《マジカルガール》】仮組み ① 開封