どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

メガミデバイス《シタラ》の追記も書きたいんですけど、今日は久しぶりにプラモ以外の日記です。

何回かここでも書いたように、僕は 劇場版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』外伝-永遠と自動手記人形- を3回観に行ってます。

それでもまだ観たいと思うくらいこの映画は最高に良かったんですが、3回も観に行ったのは特典の短編小説が読みたかったという事も1つの理由でした。

だけど特典の小説は4種類ある上にランダム配布ですし、週毎に内容も変わるのでその週のものは初日の金曜日に全て無くなってしまうという状況でした。

つまり、仮に奇跡的に毎回違うものがもらえたとしても、最低金曜日に4回は行かないとダメという事になります💧
色紙を含めると5回ですよ。

上映日数延長で5週上映した映画館でも金曜日は5回だけ…そのうちの1週は特典が色紙なので、実質4日しか無いという事になります。
転売屋でも無い限りこんな無茶な条件で全巻揃える事なんてまず不可能ですよ(ToT)

で、ここからが本題なんですが、僕は映画を3回観に行って短編小説2冊(アン・マグノリアと19歳の誕生日/リオン・ステファノティスと一番星)とミニ色紙を自力で手に入れる事ができました。

自力とは言っても後輩と見ず知らずの女の子の協力はありましたが、とりあえずは1番読みたかった「アン・マグノリアと19歳の誕生日」が手に入ったので満足してました。

満足していたんですよ、その日だけはね…

性格的に本気で好きになったものは全て手に入れないと気が済まない僕がそれで満足できる訳がなかったんですよ。

という事で全て揃えました♪( ´▽`)

ただ、そういう人間の足元を見て小遣い稼ぎをする転売屋からだけは絶対に買いたくなかったのでいろいろ探していると、転売屋だらけのネットでたまたま「ダブったので譲ります」という人を見つけました。

しかも僕が持ってない2冊です。

価格を見て「この人は本当に利益を度外視して親切心で出品している」という事が分かったので即購入ですよ。

映画を観て1冊1900円。
2冊手に入れる為には3800円かかる訳です。

なので僕の中では2冊3800円までなら転売とは思わないんですが、この人は未読の送料込みでそれをはるかに下回る値段で譲って下さったんですよ。
出品、梱包、発送にかかる手間はよく知っているので、逆にもう少し出さないと申し訳ないと思ったくらいです。

こういう人ばかりならもうちょっとマシな世の中なんでしょうけど、残念ながらほとんどが金に支配され、金に踊らされ、金に使われる人間ばかりの現実って本当に情けなくて虚しいですね。

とにかくこれを格安で譲って下さった方にはとても感謝しています。

これに限らず、本気で欲しいと絶えずアンテナを張っておけば、滅多にないようなこんなチャンスが巡ってくるもんですね。

うへっうへへへ…余は満足じゃ(*´ω`*)

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ