どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

【SEKIRO(隻狼): SHADOWS DIE TWICE】

前回弦一郎くんとキモチワルイ汚猿を倒してから、とりあえず話の流れでこの後もう一度『仙峯寺』に行く事になりまして、何だかんだあって猿達と鬼ごっこする事になったり、強化人間的立ち位置の女の子に会ったりしました。

で、その女の子に「お米」をもらったんですが、確か「お米をくれ」と言ってた婆さんがいた事を思い出して、とりあえず『仙峯寺』にいた婆さんに渡してみました。

すると婆さんが「凧上げ」についてのヒントをくれます。
『金剛山 仙峯寺』に初めて来た時、みんなが「❓」ってなるであろうあの凧上げです。

通常なら凧を上げてその場から離れると凧は元の状態に戻ってしまいますが、婆さんのヒントに従い、凧の近くにいる敵に『傀儡の術』をかけてやると、術にかかったその敵が凧を上げてくれます。

この状態で一度上がった凧はもう元の位置に戻らなくなるので、その後ある場所に向かいます。
その場所から凧に鉤縄を引っ掛けて反対側の谷に移動します。

とりあえず反対側に移動するまでの動画を貼っておきます。
(これはすでに凧上げをやってしまった後に録画したものです)

ちなみに『傀儡の術』は、弦一郎くんを倒した後『仙峯寺』に行くと発生する、猿との鬼ごっこイベントをクリアすると習得できます。

で、反対側の谷に渡ったら絶壁に生えてる木を利用しながら降りて行くと洞窟があり、中に入ると鬼仏があるのと、忍具『仕込み傘』を売ってくれたNPCがいます。

そのまま洞窟を進んで行くと、ちょくちょく現れては邪魔をしてくるあの厄介な大蛇(最初の頃に片目を潰してやったあの白い蛇です)がいるので、飛び降りて忍殺を決めてやりましょう。

これで『生の蛇柿』が手に入ります。生柿って大蛇の心臓の事やったんですね。

とりあえず蛇を倒すところまで動画を撮っていたので貼っておきます。

ちなみに「干し柿」ってのは乾燥した蛇の心臓の事で、『落ち谷』「菩薩谷」にいるお米婆さんに米をあげるとまたヒントをくれます。

場所とやり方は下の動画で分かると思うので、もし分からない人がいれば参考にして下さい。

これでとりあえずのところは『落ち谷』攻略って感じですかね。

そうそう!以前書いた「神隠し」で消えたNPCなんですが、猿達と鬼ごっこをした場所に居ましたよ。

なんか見えない誰かと喋ってました。

最初は頭がやられてるのかと思ったけど、仙峯寺の変若の御子(お米をくれる女の子)の話を聞いた後はこのNPCがとても重要な存在なんだと気付きます。

このNPCがいてくれたおかげでちょっと救われた気がしました。

柿大好きっ娘『変若の御子』

ええ娘やでーヽ(´ー`)

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ