どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

【うたわれるもの〜散りゆく者への子守唄〜】クリアしました*\(^o^)/*

トータルで約40時間かかったんですけど、後半は物語が気になりすぎて何時間もぶっ通しでやり続けてしまいましたよ(^^;

いやー、めちゃくちゃ良かったです!

今まで映画やアニメでウルっとくる事はあったけど、これは不覚にも目から何かが溢れてしまいましたよ。
しかも一度や二度ならず(^^;

映画、アニメ、ゲーム、小説…ジャンルを問わず、個人的に今までそんな作品は滅多にありませんでした。

この作品はシナリオも素晴らしいんですけど、声優さん達がめちゃくちゃ上手いので気がつけばどっぷり感情移入してしまってるんですよね。

声優さん達のその演技の上手さあってこそなんですが、メインキャラ達がみんな凄く魅力的なんですよ。

もうね、最後のあれは反則です。

キャラ以外に世界観も魅力的なんですが、この作品の世界観を一言で言えば、アイヌ文化+戦国時代といった感じで、その雰囲気がまたとてもいいんですよ。

ゲームの流れとしては、アドベンチャーパート(ストーリー)とシミュレーションパート(バトル)で進めていくシミュレーションRPGとなってますが、ストーリー重視ということで、割合的にはアドベンチャーパートの方が圧倒的に多いです。

シミュレーションパートの難易度は低い方ですし、巻き戻し機能が実装されているので、失敗しても数ターン前からやり直す事が可能です。
おまけに途中で最初からやり直す場合でも、その戦闘で入った経験値がそのまま引き継がれるので、シミュレーションRPGに慣れてない人でも全く問題なく進めて行けると思います。

とにかくこの作品はシナリオが素晴らしいし、キャラクター達もそれぞれ個性があって魅力的ですので、最近ありがちな薄っぺらい内容の映画やゲームにウンザリしている人は是非やってみて下さい。

不満点を上げるとすれば、ちょくちょく綺麗事が入るところくらいですかね。

あと萌系要素も多々あります。
今まで萌え系要素が強いアニメやゲームはそれだけで敬遠して来たんですけど、それも物語次第ってことですね。

食わず嫌いしてた物を食べてみたらめちゃくちゃ美味かったって感じです(^^)

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ