どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

メトロエクソダスですが、とりあえず5時間ほどやってみた感想としては「面白くない」ですね。

その理由として、まず操作性が悪過ぎます。
プレイしていて全然気持ちよく無いどころか、絶えずストレスを感じます。

これはうまく説明出来ないんですが、例えばボタン操作1つにしてもレスポンスが悪く、コンマ数秒遅延している感覚でプレイしている感じです。

何かアクションを起こす時にいちいち◻︎ボタンを長押しさせられるのもかなりストレスになります。

他にもボートは操作性は悪いわ遅いわでイライラさせられるし、弾薬が少ないのに雑魚敵がしょっちゅうちょっかい出して来るのにもイライラするし、走るとすぐに息切れして走れなくなるのもイライラするし、何より目的地ややるべき事が非常に分かりづらくてイライラします。

あと、NPCの会話にしても、複数人が同時に喋りまくるので誰が何を言ってるのか分からなくてなり、そのうち話を聞く気すら失せてしまいます。

いちいちすぐに武器を整備しないといけないし、弾丸や回復薬なんかはいちいち自分で作らないといけないし、ただでさえ暗くて分かりづらい場面が多いというのに、いちいちライトのバッテリーを充電しないといけないし、とにかくこのゲームは「いちいち」と「イライラ」が絶えず付きまといます。

僕はリアル系のゲーム(なりきってプレイ出来るゲーム)がめちゃくちゃ好きで、FPSで言うと『オペレーションフラッシュポイント』なんかがそうなんですが、ゲームでリアルを追求するということは、「超人的な行動はできない」「何をするにも不便」という事になるので、必然的にゲームとしての爽快感みたいなものはほぼ無くなってしまう事になってしまいます。

それが故に『緊張感』や『没入感』が生まれるわけなんですが、それはあくまでそういったコンセプトの元で、そういうゲームデザインを軸に開発されているから成立する面白さに他なりません。

だけどこのメトロエクソダスは全くそういうデザインのゲームには見えないんです。
どちらかと言えば爽快に操作でき、爽快にミュータントを倒しながらストーリーを進めて行くタイプのゲームデザインなんですよ。

だから全てにおいて「めんどくさい」し「気持ち良くない」んです。

グラフィックに関しても、一般的に言うと確かに綺麗だしレベルは高いと思いますが、僕のように数多くの洋ゲーをプレイして目が肥えてる人達からみれば、今時ならこれくらいは「普通」だと感じるハズです。

おまけに前作、前々作と違い、今作は変にオープンワールドを意識して作られているので、ストーリーに集中する事も出来ません。

この感想を見てもらえれば分かると思いますが、操作性、フィールドデザイン、グラフィック、とにかく全てが見事なまでに『中途半端』なんですよ。
良いゲームの良いとこ取りをして上手くまとめ上げたゲームはいくつかありますが、これはそれに大失敗してどっち付かずのゲームになってしまった感じです。

だから「良作」「駄作」どちらとも言えない「微妙」なゲームという印象になってしまいます。

あ、それとロードが異常に長いです。
待ってる間にぷくぷくを2回は出来るので、多分3分くらいかかってるんじゃないですかね。
最初フリーズしたと思いましたよ(-_-;)

クリアしてからまた改めて感想を書くとは思いますけど、ストーリー以外の感想は最後まで変わる事が無いと思います。

アンセムといい、最近悲しいくらいゲームの質が落ちて来ましたよね。
個人的に今のところ希望は『サイバーパンク2077』くらいです。

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ