どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

前回準備だけしておいたパーツの合わせ目消しとパーティングライン消しをしてる時に気付いたんですが、鎌の柄の片面に押出し後が2箇所ありました(-_-;)

小さいけど目立つので埋めておきます。

とりあえず今はサフ塗装まで完了しております。

それと段取り的に先に塗っておいた方が良い爪と鎌の塗装も済ませてます。

↓画像を見てもらえれば分かる通り、この翼の裏側、つまり正面に当たる面が非常に残念と言うか手抜き感が溢れんばかりの作りとなっています。

縁は全て平になっていて酷い有り様やし、補強もあからさまに目立つし、押し出しの跡はあちこちにあるし、まぁ酷い造形です(;´д`)
この状態で販売に踏み切った事に驚くレベルです。
ぶっちゃけそもそも自分の感性ではデスサイズのデザイン自体が超カッコ悪いと思っているんですけどね(^^;)

と言う事なのでこれをとりあえずパテで埋めて成形してみようと思います。

パテを盛る前にまずは縁の平になっている部分を削ってある程度自然な感じに成形しておきます。

右側が処理後の物になります。

横から見るとこんな感じです。奥が処理後。

あとはパテを盛ってから形を整えて行きます。

それとこの部分↓の合わせ目も消したいので、予め塗装しておいた爪をマスキングしてからセットしてカバーを接着しておきます。

次回はパテを盛って行きまーす。

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ