どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今までの人生で「自身が作りたいと思った物を塗装まで含め納得行く形で完成させた」と言えるプラモデルはまだ4体しか無いのですが、今日は自身の記念すべき最初の作品となった
No001【1/144 MS-06「量産型ザク」HG】
の画像をUPさせていただこうと思います。

このザクⅡを作るにあたり、まずは模型製作の基本からプロの方の技術まで一通りの知識を本やネットで頭に叩き込みました。

その中でも模型製作において塗装に関する知識や技術の習得、それに掛かる費用がかなりの割合を占める事、そして生活環境などから塗装自体が困難である場合が多い事などを知りました。

幸いにも私はその「塗装に関する関門」をほぼ全て最初からクリアする事が出来ました。
ですので、このザクは塗装に掛かる前の工程に力を入れた感じで作っています。

前置きが長くなってしまいましたが、こちらがNo001ザクⅡになります。

上の画像は仮組みしただけのものです。

足も腕も合わせ目満載です。古いキットだけに手間はかかるし初心者にはとても難しいキットとは思いますが、逆に最初にこれを作った事によってかなり経験値がアップしたと思います。
もちろん練習のつもりで作ったわけではありませんが、結果的にとても良い練習になりました。

上は合わせ目を消したり頭部を削って小顔にしたり、パテでひさし部分を延ばしたりスジ彫りを入れたりいろいろしてる最中です。

そしてこれはマスキングで武器の塗分けなんかをやってます。

②に続きます。