どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

青龍ツァンファの素体が組めました。

御模道【ATKガール 06《四聖獣-青龍》苍华】

まずはパイセン2人とファーストコンタクツ!

素体は同じなんですが、青龍は乳周りが変更されてますね。

て言うより、この娘たちのティクビはいったいどうなっとんねんっ( ̄Д ̄)ノ

メガミデバイスのランチャーとランサーもそうなんですが、メカ娘にティクビは必要ないという解釈でよろしいか?
例えメカに必要ないものとはいえ、そこは「美」という観点からも有る事にしておいて欲しいですな。

それではグルっと1週。

〈ターンテーブル〉

お!なかなかイイ感じじゃないですか!

少なくともパイセン2人の頃と比べると格段に良くなってると思います✨

08のノヴァちゃんがあの可愛らしさなんで、この調子で行くとそろそろ顔にも期待できるレベルに到達するんじゃないですかね。

3パターンある表情のアップです。

2枚目イイ表情してますねー♪( ´▽`)

出来れば3枚目の泣き顔が笑顔なら言う事ないんですけどね。
今のところ四聖獣シリーズは笑顔が無いんですよ💧
やっぱ1つは笑顔を入れて欲しいですね。泣き顔はマジで必要ないので。

次はその泣き顔を使った画像になります。

〈ターンテーブル〉

変態的な遊びをするなら泣き顔は必要かも知れませんが、果たしてプラモでそんな遊びをする人がいるんですかね(^^;;

日中関わらず、作り手側がどいつもこいつもそれを想定してるみたいですし、そんなに言うなら今度やってみたろやないかい♪( ´▽`)

で、最後は僕のお気に入りの表情です。

〈ターンテーブル〉

これ、一応笑顔みたいですね。

笑顔というか微笑みですね。

可動はマシニーカほどでは無いにしろ、充分良く動きますし、関節強度については何も言う事がないくらい完璧です。

パーツ精度に関しても相変わらず素晴らしいですね。
パーツ同士がパチンと合わさるというより、ムニュって吸い付くような感じでめっちゃ組みやすいし、組んでいて気持ちがいいんですよ。

アンダーゲートにさえ慣れてしまえばFAガールやメガミより早く組めるくらいです。

ちなみにこのツァンファはここまで1時間しかかかってません。

御模道のキットはとにかく分割が凄まじいので、武装の方はかなり時間がかかると思いますが、楽しみながらボチボチ組んで行こうと思います♪

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ