どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

最近遊びにも行かず、プラモも作れずで、なんかゲームブログみたいになって来た当HPですが、今日もまたゲームの話題です(^^;;

3月22日にフロム・ソフトウェアから発売される【SEKIRO(隻狼): SHADOWS DIE TWICE】ですが、『ソウルシリーズ』や『Bloodborne』のノウハウを継いだ和風アクションRPGという事で、否が応でも期待が高まりますよね。

僕はもちろん予約してあるんですけど、この『隻狼』の開発に「アクティビジョン」がいっちょがみしているというのが個人的にちょっと引っかかるところです。

まぁEAのように大元として関わっている訳では無いので大丈夫だとは思いますが、今まで独自開発で大成功を収めてるフロムが何故今更アクティビジョンとの共同開発なのかちょっと釈然としない感じではあります。

もしかしたらアクティビジョンは今後ソウルシリーズのようなスタイルのゲームを作ろうとでもしているんですかね。
ここ十数年間ナントカの1つ覚えみたいに『コールオブデューティー』ばっかり作ってますから。

とまぁちょっとした不安要素はありますけど、今までの実績は間違いないので楽しみです(^^)

それまでにまず『うたわれるもの』シリーズをクリアしたいと思います。

そう言えば『仁王』を忘れてた(>_<)

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ