どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

ちょっと前に【クワイエット・プレイス】という映画を観たのでまたちょっと感想を書いておきたいと思います。

まずあらすじですが、公式HPのスクショを貼っておきます。

うーむ…設定が面白そうに思えたのでちょっと期待したんですが、個人的には残念ながらこれもB級映画でしたね(;´д`)

ネタバレを避ける為に詳しくは書きませんけど(と言ってもこの映画自体ネタバレという程の内容はありませんけど)、設定は雑過ぎるし完結はしないし、パニック系にしてもモンスター系にしてもホラー系にしても中途半端過ぎて、「得体の知れない何か」に対し全く恐怖感が湧いて来ませんでした。

設定から想像するに『音』にこだわり『音』で恐怖を演出するのかと思いきや別にそうでも無いし、そもそも『音』に反応する「得体の知れない何か」が人類を滅亡の危機にまで陥れるようなヤバい奴には到底思えません。

一般人からすれば確かに恐ろしい対象だとは思いますけど、ちょっと頭を使えばいくらでも対処出来る存在という事は劇中にも描かれてますし、何故そうしない?ってツッコミたくなるような事がいっぱいあるんですよ。

そもそもここまで1つの感覚が突出している生物なら弱点も簡単に分かるでしょうに。
原始時代ならともかく、現代の軍隊をもってすればこんなモノ簡単に駆除できますよ(^^;

まぁ100歩譲ってそれは置いといたとして、この映画は『家族愛』をテーマにしているんだと思うんですが、その家族がまたバカ家族でして、終始「なんで?」が付きまといます(^^;
この映画のメインイベントとも言える設定に関しても「なんでこんな時にそれをした?」「なんでそんな時にそういう行動をする?」と、とにかくツッコミどころが満載です。

最近の洋画は『ツッコミどころ満載』がトレンドにでもなってるんですかね(^^;;

こんなモノがイットを超えたって?
もし本当にそうだとしたら映画業界もいよいよ末期ですな。

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ