どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

【ライフ イズ ストレンジ】クリアしました。

かなり前のゲームですし、ネタバレ全開で感想を書いて行くので注意して下さい。
まぁ今更ネタバレも何もないとは思うんですが、携帯アプリで出るだか出ただかするみたいなので、もしこれからやろうと考えている人はこれ以降見ないようにして下さいね。

 

 

 

 

 

 
まず最初に率直な感想から言うと、マックスが可愛くて魅力的な少女だったし、謎解き関連も楽しかったのでラストまでは結構楽しめました。
ラストまでは…

で、そのラストなんですが、マックスにとってどちらを選んでも精神がやられそうな2つの大きな選択を迫られる事になります。

『クロエ(親友)』を犠牲にする』か『アルカディア・ベイ(町)を犠牲にする』かという選択。

そうだす。このゲームにはハッピーエンドが存在しないんです。
マックスみたいないい子が一生懸命頑張っても報われる事がないんです。

『Life Is Strange』ではあなたの選択次第で過去、現在、未来が変わります。慎重に選びましょう……。

というのがこのゲームのキャッチフレーズになっているようですが、結局のところ最終的には上に書いた2択だけに収束します。

それまでの選択によってその2択が変わったり、その結末が変わったりする事はありません。

選択によって物語は少し変わりますが、どう進めたとしても上に書いた2択式の同じラストにしかたどり着きません。

結局は何を選択してもラストは同じなんです。

小説やアニメでよくね?

『Life Is Strange』ではあなたの選択次第で過去、現在、未来が変わります。慎重に選びましょう……。
というのなら、せめてラストは積み重ねて来た選択が反映されるようなものであって欲しかったと思います。

で、それぞれのエンディングなんですが、僕はクロエというキャラがどうしても好きになれなかったので、ラストは迷わず『クロエを犠牲にする』を選択したんですが、そうするとマックス(プレイヤー)が頑張って来た事が無意味とまでは言いませんけど「今までの過程は一体何やったんやろ?」っていう虚無感のような感情だけが残ります。

とりあえずそれが僕の選択したエンディングだったんですけど、一応もうひとつの選択肢である『アルカディア・ベイ(町)を犠牲にする』という方も選んでみました。

こっちはまぁ酷いエンディングでしたね。
町の人たち、避難しようぜ(-_-;)
洋画好きが洋画から得た知識なんですけど、基本的に米国って地下室が多いんじゃないんですか?田舎町なら特に。

誰か(生存者)を捜しに行く訳でも無く、まるで最後の選択をした時点で町や住人が全滅すると確信していたかのように2人は町を後にします。

とにかくどちらを選択しても後味が悪いラストです。

サスペンス物のラストとしてもちょっと意外性や驚きが足りなかったと思います。
かなり早い段階で犯人が予測出来てしまったので。

それと、マックスだけに宿った能力の謎や、町を破壊した嵐の謎、2つになった月の意味や半透明な鹿の正体。
これら全てを置き去りにしたまま終わってしまいます。

こういったタイムトラベル(タイムリープ)ものは映画やアニメ、小説やゲームなど結構な数を見てきましたし、物理や量子力学的な基礎知識くらいはかじっているので、最低限の理論付けや説明が欲しかったところです。

タイムトラベルを扱った作品で面白かったものは、例えザックリだとしても「なぜタイムトラベルが可能なのか」というそれなりの理由が描かれています。
マシンだったりワームホールだったりブラックホールだったりデロリアンであったり電話レンジ(仮)だったり。

中には『バタフライエフェクト』のように、そうじゃなくても面白い作品もありますけど、あれはあの切ないハッピーエンドが秀逸だったからこそ名作と呼ばれる映画になったんだと思います。

そういう意味でもこの『ライフ イズ ストレンジ』は全部が中途半端に感じました。

決して悪くは無いんですよ。悪くは。
ただ「全体的にめっちゃ惜しい作品」だと僕は感じました。

あと、面白さには直接関係ありませんが、グラフィックはPS2後期〜PS3前期くらいです。
あまりにも時代にそぐわないので僕はあえてそう作ってあるのかとも思ったんですけど、実際のところはどうなんでしょ?

PSアイラブユー
『ライフ イズ ストレンジ』には関係ない話になるんですが、僕はタイムトラベル(タイムリープ)ものと言えば『シュタインズゲート』(アニメ版じゃなくてゲーム版)が1番よく出来た物語だと思っています。

名作『バタフライエフェクト』をベースにして作ったと思われる『シュタインズゲート』ですが、僕が知る限りこのジャンルの中ではやっぱり『シュタインズゲート』(アニメ版じゃなくてゲーム版)が、過程においてもエンディングにおいても科学的理論においても1番納得できた作品であり、1番面白いと思っている作品です。

て言うかズバ抜けてると思ってます。

まだやったことが無い人は是非やってみて下さい(^^)

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ