どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はまた真面目なお話です。

《新潟県警は3日、高速道路で時速175キロを出して県警車両を運転したとして、県内の警察署所属の女性巡査(23)を道路交通法違反(速度超過)の疑いで新潟区検に書類送検し、併せて同日付で戒告処分にしたと発表した。公務に寝坊し、急いでいたという》

《県警によると女性巡査は7月4日朝、警察官の採用リクルーターとしての研修に参加する予定だったが寝坊。同僚2人と共に予定より30分遅く所属の警察署を出発した》

《寝坊に責任を感じた女性巡査は「自分に運転させて」と申し出、新潟市内の県警本部を目指して法定最高速度100キロの高速道路を175キロで走行。同僚2人は「遅刻と連絡して急がず行こう」と止めたが速度を緩めず、速度違反取り締まり装置(オービス)に記録されたという。研修には間に合った。
運転した県警車両は一般車両と区別のつかない仕様で、赤色灯はなかった。女性巡査は「自分のせいで遅刻したら皆に迷惑がかかると思った」と供述し、反省しているという》

というニュースをネットで目にしたんですが、こんな頭のおかしい女が公道を走っていると考えたらゾッとしますよね。

同僚2人の命を預かる身でこんな事が出来る神経に驚きます。

今は免停でも、しばらくすればまたこんな頭のおかしい凶器が道路を走る訳ですから新潟県の方は充分に注意して運転して下さいね。

まぁ、新潟の方に限らず、最近は自分が若い頃に比べると頭のおかしい運転主がめちゃくちゃ多いと感じます。
飛ばしたりだとか運転が荒かったりだとかそんなレベルではなくて、常識では考えられないような異常な行動をする運転主が本当に多くなったので、よほど気をつけて運転しないと危険です。

先日起こったバイク事故に対するネット上の書き込みで、交通違反をしていた事による自業自得だとか、亡くなった子供達を散々叩いている輩がいますが、そういう違反を取り締まるべき立場である警察という組織にこんな頭のイカれた大人がいるようでは、我々大人達は子供にあれこれ注意なんてできませんよ。

大事な日に寝坊する上、そのミスに対して正常な判断すら出来ないような頭のおかしい人間が免許を取得できたり、警察官という善良な市民を取り締まる側になれるとは世も末ですよホントに。

ちなみに『戒告処分』とは”公務員の職務上の義務違反に対する懲戒処分(他には免職・停職・減給がある)の中でも一番軽く、職員の服務義務違反の責任を確認し、その将来を戒める処分をいう。 具体的には所属長に呼び出され直接説諭される”ということらしいですよ。

下手したら何人も殺すような大事故を起こしていたかも分からない女を免職にもせず、要は『注意』だけで済まそうとしている組織もまた異常ですね。

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ