どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は HG 1/550【ヴァルヴァロ】大気圏内用試作機 の続きです。

このヴァルヴァロですが、制作開始当初のプランでは最終的にオーソドックスなパターンの迷彩塗装にしようと考えてたんですよ。

こんな感じのやつです。

ところがいざ塗装しようとマスキングをやり出してみると、形状的にこれがなかなか厄介でして…

理由はいろいろあるので細かい事は書きませんけど、小さくて凹凸の多い一体成型物に曲線のマスキングをやるのは至難の技だということですね。

じっくり時間をかけてやれば可能なんですが、正直もうこれ以上ヴァルヴァロに時間を費やすのが嫌なんですよ(;´д`)

マスキングせずにフリーハンドで描くのが1番簡単で手っ取り早いんですけど、これはカチッとした迷彩にしたかったので今回はそれも却下です。

と言う訳で、結果このようなよく分からない迷彩パターンになってしまいましたとさf^_^;

なんだか見たこと無い妙な迷彩になってしまいましたよ(^^;;

まぁそもそも自分は変わり者なんで、「こんなけったいなヴァルヴァロは見たこと無い」と思ってもらえれば嬉しいですね。

それと、腕も複雑な一体成型ということで塗り分けはやりません!
ちなみにもし仮にノーマルカラーで作ったとしても、設定上腕は塗り分ける必要無いんですけどね。

何にしても塗装はこれくらいにしておいて次はデカールを貼って行きます。

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ

HG 1/550【ヴァルヴァロ】大気圏内用試作機 ⑱